読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱の日暮らし

思えば、あの軽いラインでの喧嘩は俺を切って新しい男に行く良いキッカケだったんだろな…ずっとタイミング探してたんだろなと思うと申し訳ない限りだ。。